取り扱い工事品目【 鉄骨工事 】

【 鉄骨工事 】工事概要

鉄骨工事とは、建築物の躯体にスチールの部材を用いた鉄骨造の建物工事のことです。
建物の躯体構造には一般的に、木造、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨造(S造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)などがあります。構造種別としては、「ブレース構造」、「ラーメン構造」、「トラス構造」の3つがあります。
ラーメン構造とトラス構造は、厚さ6mm以上の「重量鉄骨」を使用することが多く、ブレース構造は、厚さ6mm未満の「軽量鉄骨」を使用することが多くなります。
鉄骨造のメリットしては、木材に比べ強度が高く、鉄筋コンクリートに比べ単位重量が軽いことから長い梁に利用でき、柱のスパンが広く柱本数も少なくてすむことなどが挙げられます。
このメリットを活かし、店舗等の大きい開口部が必要な建物などには重量鉄骨が利用されます。
また、価格が安く加工しやすいことから、軽量鉄骨は住宅に利用されています。

【 鉄骨工事 】施行例


【工事名】
 ハヤシ薬局 新築工事

【工事名】
(株)西方石油店米沢西給油所
 新築工事

【工事名】
 かっぱ寿司米沢店 新築工事

大規模、中規模の鉄骨工事承っております!

当社ではMグレード認定工場のサポートのもと、数多くの重量鉄骨造、軽量鉄骨造の公共建築物、ビル、工場、店舗等の鉄骨工事を行って参りました。
これまでの実績から多くのお客様に信頼をいただけ、大規模な鉄骨工事も請け負うことができます。
鉄骨造には、熱で変形する、錆びるといったデメリットがございますが、ラーメン構造の場合、耐力壁が不要なので間取りの自由度が高く、リフォームが容易であったり、トラス構造の場合、構造的な安定度が極めて高いので、体育館の屋根や鉄橋など、他の構造では不可能な長大スパンを実現できたりと大きなメリットもございます。鉄骨造をお考えの際は、ぜひご相談ください。